コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲う カコウ

デジタル大辞泉の解説

かこ・う〔かこふ〕【囲う】

[動ワ五(ハ四)]
外部からそこなわれないように、まわりを取り巻く。中に取り込めて、外との境を作る。「敷地を塀で―・う」「庭木を―・う」
人目から隠しておく。かくまう。「犯人を―・う」
「小銭を―・って」〈真山・男五人〉
人に知られないようにして世話をする。「妾(めかけ)を―・う」
野菜や果物を保存の処置をして蓄える。貯蔵する。「ネギを―・う」
かばう。たすけ守る。
「姫を―・ひ奥へ入り給ふを」〈伎・壬生大念仏〉
[可能]かこえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かこう【囲う】

( 動五[四] )
外部の力が及ばないように、周りを物でとりまく。 「屋敷を塀で-・う」
めかけをひそかに別宅などにおく。 「妾を-・う」
野菜・果実などを蓄えておく。 「ジャガイモを-・う」
かばう。守る。保護する。 「姫を-・ひ奥へ入り給ふを/歌舞伎・壬生大念仏」
[可能] かこえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

囲うの関連キーワード東京・千代田区のクレーン事故カラト・セマーン修道院葦簀張り・葦簀張ツウィンガー宮殿マークアップ言語ローンボウルズ遠心分離機エディクラ讃岐国分寺妾・目掛け壬生大念仏帳場格子拡張表記月掛かり築き込む美濃囲い有刺鉄線葦簀囲い宇宙破片葦簀張り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

囲うの関連情報