コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化鳥風 けちょうふう

3件 の用語解説(化鳥風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化鳥風
けちょうふう

江戸時代中期の俳諧流派。宝永,正徳 (1704~16) 頃,立羽 (たちば) 不角らを中心に,江戸に興った。其角,沾徳らの洒落風と同じく着想や表現の奇をねらい,それを一層卑俗化した。異体の俳風が「化鳥」と非難された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けちょう‐ふう〔ケテウ‐〕【化鳥風】

宝永(1704~1711)ごろ、貞門末流の立羽不角(たちばふかく)らを中心に興った俳諧の流派。榎本其角(えのもときかく)洒落風(しゃれふう)をさらに進めた卑俗な俳風で、邪道に走るものとして称せられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けちょうふう【化鳥風】

宝永(1704~1711)頃、江戸俳壇で沾徳せんとくらの洒落風の一派が、調和や不角一派ら貞門末流の前句付派の垢ぬけしない俳風を揶揄やゆしていった称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の化鳥風の言及

【不角】より

…1690年(元禄3)から月並前句付高点集,93年から月並発句集を続刊。古典的表現に俗意を盛ったので〈化鳥(けちよう)風〉と呼ばれ,洒落風,比喩体とともに江戸趣味の成立にあずかったが,俳壇的には孤立し,参勤の田舎武士集団を中心に別天地を形成した。〈けふの月わか衆捨たる山も哉〉(《蘆分船》)。…

※「化鳥風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone