コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北島見信 キタジマケンシン

5件 の用語解説(北島見信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたじま‐けんしん【北島見信】

江戸中期の天文学者。長崎の人。長崎奉行天文方。「紅毛天地二図贅説(ぜいせつ)」を訳述。日本を中心に東アジア・南方諸島を含む大日本州の設置を提唱した。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北島見信 きたじま-けんしん

?-? 江戸時代中期の天文家。
長崎の人。廬草拙(ろ-そうせつ)の門人。オランダ船がもたらしたヨーロッパの星図と地球図を解説した「紅毛天地二図贅説(ぜいせつ)」を元文(げんぶん)2年(1737)にあらわした。「長崎年表」に,延享2年に幕府の天文方に採用されたとあるが,たしかではない。名は見真ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北島見信

生年:生没年不詳
長崎の儒者で天文学者。盧草拙の傑出した門下として,享保4(1719)年艸拙が西川如見と共に,改暦に関心を持つ将軍徳川吉宗に召されたとき,艸拙に従い江戸に赴いた。元文2(1737)年『紅毛天地二図贅説』を著した。オランダ船が舶載した天地両球儀の記載事項のうち,主として星名・地名を翻訳・注釈したものである。大槻如電の『洋学年表』(1877)によれば,長崎通詞西善三郎の協力によるという。また長崎年表によれば延享2(1745)年に天文方になり毎年白銀20枚を給されたというが,幕府天文方にその名はなく,長崎に天文方という役職があったか疑問視されている。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きたじまけんしん【北島見信】

江戸中期の幕府天文方。長崎の人。1737年「紅毛天地二図贅説」で日本を中心とした一大洲の設置を提唱。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北島見信
きたじまけんしん

生没年不詳。江戸中期の人。その経歴は明らかでないが、『長崎年表』に、1745年(延享2)11月長崎奉行所の天文方となり毎年銀20枚を給すとある。ラテン語オランダ語の一端に通じていたようで、1737年(元文2)『紅毛天地二図贅説(ぜいせつ)』で星名、地名の読み方を示し、ヨーロッパの星図と地球図を解説。上中2巻が写本で現存し、下巻は早くから欠本。原図は、ドイツの天文学者ヘベリウスJoannes Hevelius(1611―1687)が著し、1700年にアムステルダムで版行されたもので、1720年(享保5)徳川吉宗(よしむね)の洋書解禁後の、オランダとの交易でのおそらく最初の書と考えられる。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北島見信の関連キーワードエアリー疇人伝西川如見漢儒傑出天文学的数字和学者廬草拙オッポルツァー陳卓(天文学者)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone