北斗遺跡(読み)ほくといせき

国指定史跡ガイドの解説

ほくといせき【北斗遺跡】


北海道釧路市北斗にある、先縄文時代以降近世にいたるまでの遺構・遺物を擁する重複遺跡。釧路市街地から北西約7kmの釧路湿原に臨む段丘上に広がっている。1977年(昭和52)に国指定史跡となった。遺跡は、1952年(昭和27)に簡易軌道敷設にともなう工事で発見され、1970年(昭和45)に分布調査を実施した結果、竪穴(たてあな)住居跡386軒を確認。それらの住居跡は、地表面の落ち込みが観察された。その後、1972~73年(昭和47~48)、遺跡の地形測量を行い、一部を試掘調査したところ、2.5kmの範囲で9地点にわたる遺構密集地点があり、先縄文時代の最終段階と見られる細石刃(さいせきじん)文化から、縄文時代早期の東釧路下層様式、前期の綱文土器様式、中期の北筒様式、後期末から晩期初頭の土器、続縄文土器および擦文(さつもん)式土器など、多様な時代の遺構・遺物が発見された。最古層では、縄文前期の貝塚が見つかっている。北筒様式の土器群は、それまで時期的な変遷がはっきりしていなかったが、この遺跡で層に分かれて発見され、第1段階から第5段階にいたる内容が初めて明確になった。ほかに近世アイヌの遺物も発見されている。史跡に隣接してガイダンス施設である史跡北斗遺跡展示館が整備され、6棟の復元住居などが展示されている。JR根室本線釧路駅から阿寒バス「北斗坂下」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android