北木石(読み)キタギイシ

世界大百科事典 第2版の解説

きたぎいし【北木石】

岡山県笠岡市の北木島,白石島に産する花コウ岩の石材名。中粒で黒雲母があまり目だたず白色を呈するものと,長石がやや淡紅色を帯びた赤水晶と呼ばれるものとがある。石質が一様で大量に産する。古くは大坂城築城にも使われたというが,本格的な採掘は明治中期以降であり,土木,建築,墓石用として広く利用され,関東の稲田石とともに石材としての御影石双璧をなしている。靖国神社の石鳥居や日本銀行本店旧館のように東京でも使われた例があるが,西日本での利用が多く,近畿から九州にかけての白御影の建築は,この石であることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きたぎいし【北木石】

岡山県笠岡市の北木島・白石島に産する花崗岩の石材の名称。土木・建築・墓石に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北木石の関連情報