コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田石 いなだいし

大辞林 第三版の解説

いなだいし【稲田石】

白御影しろみかげの一。茨城県笠間市稲田付近に産する黒雲母花崗岩かこうがん。土木・建築用の石材。稲田御影みかげ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなだいし【稲田石】

茨城県笠間市稲田付近に産する黒雲母花コウ岩の石材名。中粒で,黒雲母が目立たず白っぽく見えるので自御影に分類される。均質のものが大量にとれ,明治以降,土木・建築用材として広く使われた。現在では日本最大の御影石産地であり,石切場の大きなものは,国際的に見ても第一級の規模である。東京における白御影の建築は,古くは日本橋や明治生命本社,新しいものでは最高裁判所,日本銀行本店新館など,大半がこの石である。また墓石材としても利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲田石
いなだいし

茨城県笠間(かさま)市稲田地方に産する黒雲母花崗岩(くろうんもかこうがん)の石材。稲田御影(みかげ)あるいは白御影ともいわれる。石英、カリ長石、斜長石、黒雲母を主成分鉱物とする深成岩で、角閃石(かくせんせき)が含まれることもある。カリ長石と斜長石が白いため白色の外観を呈し、国産の御影石のなかではもっとも純白に近いといわれる。鉱物粒の大きさの違いにより、粗目(あらめ)、中目(ちゅうめ)、小目(こめ)、糠目(ぬかめ)の種類があり、有色鉱物の多い「黒」とよばれるものもある。土木・建築用の比較的良質の石材として、関東地方を中心とした東日本一帯で広く利用されている。舗道敷石や墓石などにも用いられるほか、砕石がテラゾー(人造石)の原料としても利用されている。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

稲田石の関連キーワード花コウ岩(花崗岩)黒雲母花崗岩タカタ小松石北木石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲田石の関連情報