コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村久寿雄 きたむらくすお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北村久寿雄
きたむらくすお

[生]1917.10.9. 高知
[没]1996.6.6. 東京
水泳選手。 1932年8月,高知商業学校3年生のときにロサンゼルス・オリンピック競技大会の 1500m自由形に出場,19分 12秒4のオリンピック新記録で優勝した。 14歳と 309日での優勝は,いまだにオリンピック個人種目 (水泳以外も含む) の男子最年少金メダリストとして記録に残る。この大会で,日本選手が競泳男子6種目中5種目の金メダル獲得という快挙を成し遂げた。翌 1933年には世界記録にあと0秒8に迫る日本記録を出したが,旧制第三高等学校受験に失敗したため引退。1年浪人の末入学を果たし,1941年東京帝国大学法学部を卒業。三井物産に入社後,労働省に移り中央労働委員会事務局次長,公共企業体等労働委員会事務局長を歴任。退官後は住友重機工業,住友セメントの役員を務めた。 1964年東京オリンピック競技大会で日本水泳連盟外国委員長を務め,のちに同連盟の常務理事・競泳委員長。 1984年には日本マスターズ水泳協会会長に就任した。 1932年ヘルムス賞受賞,1991年勲三等瑞宝章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村久寿雄 きたむら-くすお

1917-1996 昭和-平成時代の水泳選手,指導者。
大正6年10月9日生まれ。高知商業在学中,14歳10ヵ月の最年少選手として昭和7年ロス五輪に出場し,1500m自由形で金メダル。22年労働省にはいり,公労委事務局長などを歴任。日本水泳連盟常務理事,日本マスターズ水泳協会の初代会長などをつとめた。平成8年6月6日死去。78歳。高知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の北村久寿雄の言及

【水泳】より

… 現在オリンピック大会では男子は50m,100m,200m,400m,1500m,400mリレー,800mリレー,女子は50m,100m,200m,400m,800m,400mリレー,800mリレーの合計14種目の自由形レースがある。1500mは日本選手に縁が深く1932年の第10回ロサンゼルス大会で14歳の北村久寿雄が金メダルを獲得したのをはじめ,第2次大戦直後には古橋広之進,橋爪四郎が泳ぐたびに世界記録を書き換えた。その後も山中毅がオリンピックで名勝負を演じている。…

※「北村久寿雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北村久寿雄の関連キーワードロサンゼルス・オリンピック競技大会三井物産

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北村久寿雄の関連情報