コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北漢山 ほくかんさん

百科事典マイペディアの解説

北漢山【ほくかんさん】

韓国,ソウル市の北方にある山。標高836m。ソウル盆地をとり囲む山々の主峰で,屹立する花コウ岩の山峰は市内から望める。山麓には祥雲寺,僧加寺など寺院も多く,山頂へのハイキングコースもある。
→関連項目ソウル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくかんざん【北漢山 Pukhan‐san】

韓国,ソウル市内の北部にある山。標高836m。ソウル盆地をとり囲んでいる山脈中の主峰であり,屹立する岩肌の山頂が市街地からまのあたりに望まれ,市の南部にある南山(265m)とともにソウルの象徴的存在とされている。白雲台,仁寿峰等岩場での岩登り,四方から山頂へ至るハイキングコース,山麓には祥雲寺,僧加寺等の寺院,プールや遊園地が散在し,ソウル市民のかっこう行楽地として親しまれている。東麓中間部には,1711年に築かれた北漢山城があり,李朝時代から首都ソウルの北辺の守りであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北漢山
ほくかんさん / プクハンサン

韓国(大韓民国)、京畿道(けいきどう)高陽市に位置する北岳山系の主峰。ソウル盆地の北壁を形づくる。標高836メートル。北東に白雲台、万寿峰、仁寿峰など800メートル級の峰が3個あることから三角山ともよばれる。おもに花崗(かこう)岩からなり山容は秀麗ながら険しい。新羅(しらぎ)王朝の真興王(しんこうおう)が視察した遺跡である巡狩碑が有名である。山中には太古寺、僧加寺をはじめ文殊庵(あん)、元暁(がんぎょう)庵、禅雲(ぜんうん)寺、挟旺(きょうおう)寺、津寛(しんかん)寺などの寺が散在している。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北漢山の関連キーワード南漢山城〈ナムハンサンソン〉プクハン(北漢)山プッカンサンソウル特別市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android