コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北相木[村] きたあいき

世界大百科事典 第2版の解説

きたあいき【北相木[村]】

長野県東部,南佐久郡の村。人口1148(1995)。千曲川支流相木川の上流に位置し,村域の大部分関東山地に属する。川沿いの狭長な平地に耕地が開かれ,高原野菜,花卉ナメコシイタケの栽培,稲作,ノザワナ漬の生産が行われるが,ほとんどが兼業農家。かつて人口の減少が著しかったが,近年は横ばい状態にある。1884年の秩父事件には村内からの参加者も多かった。縄文早期の栃原岩陰遺跡がある。村内にある滝の一つ,大禅の滝の氷柱は冬の風物詩として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北相木[村]の関連キーワード藤原顕頼サルグル朝ジール朝高齢運転者等専用駐車区間大江広元玖馬三千院周期表隆寛円春

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北相木[村]の関連情報