栃原岩陰遺跡(読み)とちばらいわかげいせき

国指定史跡ガイドの解説

とちばらいわかげいせき【栃原岩陰遺跡】


長野県南佐久郡北相木(きたあいき)村栃原にある住居跡。相木川右岸にある、小規模の3つの岩陰からなる縄文早期の洞穴住居跡。正面に御座(おぐら)山、はるか西方には八ヶ岳連峰を望む標高約960mの山間地にある。1965年(昭和40)から15回におよぶ発掘調査の結果、1987年(昭和62)に国の史跡に指定された。現在は岩陰の幅、奥行き、高さがそれぞれ2~3mであるが、当時は幅、奥行きとも約8m、天井までの高さは約6mもあったと思われる。岩陰住居は南向きで日当たりがよく、水源は相木川、周囲の山野は豊かな食糧源であり、岩のひさしは風雨を避ける屋根の役を果たすなど理想的な住環境で、約1000年にわたり「北相木縄文人」によって利用されたという。八ヶ岳の火山活動により、川床が低下し、窪みが拡大して岩陰が形成され、相木川沿いには大小200もの岩陰が存在する。発掘現場には埋葬人骨や石囲いの炉が見られるが、住居利用がむずかしくなったために埋葬墓地として再利用されたと考えられる。埋葬された人骨は合計12体で、ほとんどの成人遺体は屈葬だった。また、岩陰の内部には100基を超える炉跡が発見されたが、直径50cmぐらいの河原石を円形に石囲いしたもので、大量の灰や炭が残されていた。ほかに鳥や獣の骨、土器、石器など、出土品は膨大である。JR小海線小海駅から車で約8分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android