コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北西会社 ほくせいがいしゃNorth West Company

2件 の用語解説(北西会社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北西会社
ほくせいがいしゃ
North West Company

ノースウェスト毛皮会社とも呼ばれる。 18世紀後半から 19世紀前半にかけて,カナダで勢威をふるった毛皮交易会社。元来は無益な競争を排除するためにモントリオールの商人たちが組合を結成し,ルーパーツランドを越えたより広大な北西部地方を区分けして毛皮交易を行おうとしたことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほくせいかいしゃ【北西会社 North West Company】

イギリス領北アメリカの毛皮交易を18世紀末から19世紀にかけてつかさどった一種の協会。モントリオールに本部を置き,1779年,9名が16株を分担することにより発足,83年に北西会社と命名された。1株ごとにカヌーの台数と担当地域が割り当てられ,西部における毛皮獲得の過当競争を排除しようとの意図をもっていた。1804年の再編成の際には,100株で構成されており,このころが会社の最盛期であった。1778年アサバスカ地方に到達したピーターポンド,1793年太平洋岸に到達したA.マッケンジー,1811年コロンビア川の水源を探ったD.トンプソンらは北西会社の社員(株主)であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone