コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医学的心理学 いがくてきしんりがくmedical psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医学的心理学
いがくてきしんりがく
medical psychology

主としてイギリスで用いられる用語で,精神医学とほぼ同義精神分析を意味することもある。アメリカなどで用いられる臨床心理学という語よりは広い概念である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いがくてきしんりがく【医学的心理学 medical psychology】

臨床医学における人間理解のための心理学。同じ人間の心理または精神を対象とする学問領域として,精神病理学あるいは異常心理学があるが,これらはもっぱら精神の異常状態についての症状記述とその分析から出発したものである。これに対して医学的心理学は,医療を行ううえに必要な全般的な人間心理の理解,とりわけ心身医学的理解を目標とするものである。このためには,精神生理学的知識と並んで精神分析学,行動科学,条件反射学などの知識も重要となってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

医学的心理学の関連キーワードクレッチマー(Ernst Kretschmer)ユング(Carl Gustav Jung)ヴィクトル・エーミール ゲープザッテルW. ヘリパハクレッチマー三宅 鉱一臨床医学シルダーリバーズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android