コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歯扱き せんばこき

百科事典マイペディアの解説

千歯扱き【せんばこき】

千歯(把)とも。くし状に並んだ先端のとがった鉄,竹あるいは木製の歯でイネ,ムギなどの穀粒を扱きおとす農具。元禄年間(1688年−1704年)に発明され,伯耆(ほうき)倉吉は鉄千歯扱きの名産地であった。
→関連項目扱箸脱穀農具

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんばこき【千歯扱き】

長さ50cm程度の横木に,長さ15~20cmの細い帯板(歯)を並べて取り付け,それに穀粒をひっかけて脱穀する用具(イラスト)。作物により帯板どうしの間隔が異なるため,稲扱き麦扱きと呼びわけることがあるが,イネ用が中心であったため,稲扱きのみを示す場合が多い。ほかにダイズ用などもあった。なお,稲扱きでは穂をしごいて1粒ずつに脱粒するが,麦扱きでは穂首から落とすだけで,後足で踏みつけたりして1粒ずつにする工程が加わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の千歯扱きの言及

【脱穀】より

…扱箸は,30~45cmの2本の竹棒の一端を結び合わせて地面に立て,2本の間に穂首を挟んで引いて脱穀するもので,稲管は6cmくらいの細い竹管2本を同様に結び,手に持って穂を扱き落とすものである。元禄・享保期には千歯扱きが出現した。当初は竹製のちに鉄製の扁平な長い歯を並べ,この間に穂を通して引いて脱穀するもので,作業能率は飛躍的に高まり,明治・大正期まで使われた。…

【農具】より

…脱穀・調整は多くの雇用労働を要し,また年貢収納の時期と拡大していく裏作の作付作業が重なるため,省力化・能率化がぜひとも必要であった。脱穀には千歯扱きが発明され,50年の間にほぼ全国に普及した。もみすりには,中国から伝えられた土臼が,それまでの木臼に取って代わった。…

※「千歯扱き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千歯扱きの関連キーワードコンバイン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android