コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半ら ナカラ

デジタル大辞泉の解説

なか‐ら【半ら】

まんなかのあたり。
「室(へや)の―で」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
半分ほどの量や大きさ。また、半分ほどの程度。なかば。
「足を砂子に脛(はぎ)の―ばかりふみ入れて」〈宇治拾遺・三〉
中ほどの地点・時点。途中。
「山の―ばかりの」〈更級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

半らの関連キーワード呉均

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android