コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半死 ハンシ

デジタル大辞泉の解説

はん‐し【半死】

《古くは「はんじ」とも》
死にそうになっていること。
年をとっていて余命の短いこと。
「かかる―の老僧の命を取ることが、何の復讐であるか」〈菊池寛恩讐の彼方に

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんし【半死】

〔古くは「はんじ」とも〕
死にかかっていること。
余命が少ないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半死の関連キーワード繁・伴・凡・判・半・反・叛・坂・帆・拌・搬・攀・斑・板・氾・汎・煩・版・犯・班・畔・範・繁・般・藩・販・阪・頒・飯良きサマリア人の譬わがシッドの歌お富/与三郎蛇の生殺し大藪春彦伊藤威山半死半生半ら死に目犍連半生余命染む

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android