コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半花崗岩 はんかこうがんaplite

翻訳|aplite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半花崗岩
はんかこうがん
aplite

白色で中粒ないし細粒の等粒状組織を有する火成岩アプライトとも呼ばれる。石英カリ長石曹長石,白雲母を主とし,ときに黒雲母柘榴石ジルコン,電気石,トパーズ,緑簾石などを少量伴うことがある。花崗岩,閃緑岩などに伴って岩脈状の岩体をなして産出する。組成は花崗岩質のものから斑糲岩質のものまで広範囲にわたるが,通常は花崗岩質のものをさす。粒子の大きさが大きいものはペグマタイトと呼ばれ,成因的に関係が深いものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

半花崗岩

aplite: 1800年頃にレッツ(Retz)によって最初に用いられたといわれている.レオンハルドなどにより主として長石と石英からなる微花崗岩に用いられた[Leonhard : 1832].その後ローゼンブッシュやブレガーによって拡張され,全自形または粒状の組織をもつ優白質な細粒の岩石に用いられた[Rosenbusch : 1896, Bögger : 1898].岩脈として産出する.ギリシャ語のaplosは単純なの意味.
semigranite: アプライトのこと[Cotta : 1862].日本語でアプライトを半花崗岩と訳した原典は,この語である可能性がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

半花崗岩の関連キーワードアプライト状組織砂糖状組織荘内半島等粒組織

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android