コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南柯の夢 ナンカノユメ

デジタル大辞泉の解説

南柯(なんか)の夢

はかない夢。また、栄華のむなしいことのたとえ。槐夢(かいむ)。槐安の夢。
[補説]昔、中国で、淳于棼(じゅんうふん)という人が、酔って古い槐(えんじゅ)の木の下で眠り、夢で大槐安国に行き、王から南柯郡主に任ぜられて20年の間、栄華をきわめたが、夢から覚めてみれば蟻(あり)の国での出来事にすぎなかったという、唐代の小説「南柯記」の故事から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんかのゆめ【南柯の夢】

〔李公佐「南柯太守伝」による。唐の淳于棼じゆんうふんが酔って古い槐かいの南柯の下に眠り、大槐安国だいかいあんこくに迎えられて南柯郡の太守に封ぜられ20年の栄華をきわめた夢を見た、という故事から〕
夢。また、はかないことのたとえ。槐夢かいむ。槐安の夢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南柯の夢の関連キーワード南柯太守伝李公佐

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android