コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単位膜 たんいまくunit membrane

翻訳|unit membrane

3件 の用語解説(単位膜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単位膜
たんいまく
unit membrane

細胞膜モデルの一種。電子顕微鏡で詳細に観察した細胞膜断面が暗-明-暗の3層をなすことから,J.D.ロバートソンが (蛋白質) - (2層に組合わさった脂質) - (蛋白質) という3層構造のモデルを提案し (1960頃) ,細胞表面の細胞膜以外に異なるいろいろの細胞構造でも,この同じ構造が単位となっているとして,単位膜と名づけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たんい‐まく〔タンヰ‐〕【単位膜】

生体膜の基本単位とされる、二つのたんぱく質層が間に脂質層を挟む構造の膜。1959年に米国の解剖学者J=D=ロバートソンが提唱したが、現在はこれを修正した流動モザイクモデルが支持されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんいまく【単位膜】

生体膜の見かけ上の基本構造。その断面の電子顕微鏡像に暗・明・暗の三層構造がみられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の単位膜の言及

【細胞膜】より

…原形質の物質環境を保つため外部環境に対して物質の出入を調節する境界膜が想定されながら,電子顕微鏡の技法が細胞構造の観察に適用されるまでは細胞膜の存在は確かめられなかった。ロバートソンJ.D.Robertson(1960)は,電子顕微鏡像から細胞膜を含む細胞の膜構造はみな3層からなる単位膜unit membraneであるとする説を唱え,以後単位膜の用語が広く用いられた。電子顕微鏡の観察では生体試料を固定し,また電子線透過のコントラストをつけて写真を撮る必要から,酸化オスミウムOsO4溶液が用いられている。…

※「単位膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone