コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占有訴権 せんゆうそけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

占有訴権
せんゆうそけん

占有を侵害された場合に,その侵害の排除を請求することのできる権利をいう。民法がこれを訴権とするのは単に沿革に基づくにすぎず,訴訟法上の権利ではないとされている。この権利はすべての占有者が享有することができる。占有訴権に基づく訴えとして,民法は,占有を妨害された場合に対し占有保持の訴え (民法 198) を,占有を妨害されるおそれがある場合に対して占有保全の訴え (199条) を,また,占有を奪われた場合に対し占有回収の訴え (200条) をそれぞれ認めている。占有訴権は占有という事実に基づいて認められるものであって,占有する権原を伴う権利 (これを本権あるいは占有すべき権利といい,たとえば所有権や賃借権などがこれにあたる) とは区別される。なお占有訴権は原則として占有侵害後1年以内に提起されなければならない (201条) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんゆう‐そけん〔センイウ‐〕【占有訴権】

占有者が、占有を侵害されたり、そのおそれがあったりする場合に、侵害の排除などを請求できる権利。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

占有訴権【せんゆうそけん】

占有者が占有を妨害されまたは妨害されるおそれがある場合に,妨害者に妨害の排除を請求する権利(民法197条以下)。訴権と呼ばれるが,実体法上の権利で,物権的請求権の一種である。
→関連項目除斥期間占有権物上請求権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんゆうそけん【占有訴権】

占有者が、占有を他人に侵害された場合に、侵害の排除などを請求できる権利。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の占有訴権の言及

【占有】より

…なお占有すべき権利(あるいは権限)という言葉は,賃借人が賃借権にもとづいて占有しているときのように,所有者からの所有権にもとづく返還請求(〈物権的請求権〉の項目参照)を拒否しうる根拠としての権利をさす意味に用いられる。
[占有の効力]
 法が占有に与える効力としては,(1)占有訴権(197条以下。〈占有の訴え〉ともいう),(2)時効取得(162条),(3)即時取得(192条),(4)動産取引における公示力(対抗要件。…

※「占有訴権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

占有訴権の関連キーワード本権の訴え特示命令

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android