印通寺浦(読み)いんどうじうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印通寺浦
いんどうじうら

長崎県,壱岐島南東部,壱岐石田町の中心集落。「いんつうじうら」ともいう (誤用の慣用化) 。江戸時代の壱岐八浦の一つ。港は壱岐島の各港のうち,九州島に最も近く,佐賀県呼子港から約 50kmの距離にあり,フェリーで結ばれる。壱岐空港のある筒城浜,錦浜は海水浴ができる景勝地として有名。壱岐対馬国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android