コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即非 そくひChi-fei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即非
そくひ
Chi-fei

[生]万暦44(1616).5.14. 福建
[没]寛文11(1671).5.20. 長崎
江戸時代中期に来朝した中国,明の黄檗僧,書家。姓は林,名は如一,即非は字。師の隠元隆 琦の招きに応じて明暦3 (1657) 年来朝。長崎崇福寺,宇治黄檗山竹林寺,豊前福聚寺などに住し黄檗宗の教化に努めた。かたわら書をもって世に聞え,隠元,木庵 (→性とう ) とともに「黄檗の三筆」と称され,江戸時代の唐様書道界に貢献。絵も巧みで長崎崇福寺蔵『牧牛図』,黄檗山万寿院蔵『羅漢図』などの作品があり,また著述に『語録』 25巻,『仏祖道影賛』1冊がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の即非の言及

【黄檗宗】より

…1722年(享保7)の〈黄檗宗法度〉には〈黄檗派〉あるいは〈黄檗衆〉の名称が見え,〈近年宗門広まり候〉と,この期には教団が大きく拡大されていることが知られるが,45年(延享2)の末寺数は,51ヵ国に897ヵ寺を数えていて地方教線拡張のあともみとめられる。この宗勢の拡大は,とくに檗門の二甘露門と称される,万福寺2世で江戸に瑞聖寺を開創した木庵性瑫,豊前に福聚寺を開いた即非如一や,隠元の法孫で万福寺5世の高泉性潡(こうせんしようとん)の中興などによるところが大きいが,その他数多くの黄檗僧が世に出て活躍し,諸藩大名の支持を得た結果でもある。その黄檗宗の禅僧は法系的に大きく紫雲派,広寿派,竜興派,獅子林派,東林派,華蔵派,漢松派,万松派,直指派,海福派,仏国派の11派に分けられ,そのうち木庵の紫雲派は万寿下,長松下など12派に分派しているのをはじめ,獅子林派は7派,仏国派は3派,漢松派,広寿派はおのおの2派に分派していて,黄檗宗は32派によって構成されている。…

【黄檗美術】より

… 絵画の分野では,黄檗画像がまずあげられる。これは,隠元,木庵,即非など,渡来した黄檗高僧の頂相(ちんそう)で,17世紀後半から18世紀にかけおもに長崎で描かれた。伝統的な頂相の手法とは異なり,赤や黄の原色の法衣をまとった真正面向きの像で,その顔には西洋風の陰影を施しきわめて写実的である。…

【三筆】より

…3人を特に三筆と称するようになったのがいつごろか明らかでないが,そう古くにはさかのぼらない。ほかには江戸時代に日本へ渡った黄檗(おうばく)宗の3僧,隠元,木庵(もくあん)(1611‐84),即非(そくひ)(1616‐71。諱は如一(によいち),木庵の法弟)を〈黄檗の三筆〉,また近衛信尹(のぶただ)(号は三藐院(さんみやくいん)),本阿弥光悦松花堂昭乗を〈寛永の三筆〉と呼ぶが,この呼名もおそらく明治以降であろうといわれ,1730年代(享保年間)には寛永三筆を〈京都三筆〉と呼んでいる。…

※「即非」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

即非の関連キーワード万福寺(京都府)崇福寺(長崎市)小笠原忠真5月14日如一(2)千呆性侒喜多宗雲喜多元規案山吉道部派仏教黄檗美術即非如一木庵性瑫黄檗柏巌黄檗千呆打橋半雨北島雪山黄檗派林道栄如一

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android