コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原三渓 はら さんけい

美術人名辞典の解説

原三渓

実業家。美術収集家。岐阜県生。名は富太郎。外祖父画家高橋杏村。横浜の生糸貿易の豪商原善三郎婿養子。国宝級の絵画・古建築を収集し、三渓園にてその一部を公開する。また、現代作家養成のため再興日本美術院の画家達を援助する一方、茶人として名高く、自らも書画を能くする理想的な芸術パトロンであった。昭和14年(1939)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原三渓

厚見郡佐波(さば)村(現・岐阜市柳津町)で代々庄屋の青木家の長男として生まれた。本名は富太郎。東京専門学校(現・早稲田大)に入学する。横浜市の生糸商・原善三郎の孫娘と結婚し、原家の養子となった。横山大観前田青邨(中津川市出身)ら近代を代表する芸術家の育成に尽力した。1923年の関東大震災後は横浜市復興会の会長などを務めた。元邸宅を一般公開した庭園「三渓園」(横浜市、約5万坪)は国の名勝になっている。

(2012-06-03 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原三渓 はら-さんけい

1868-1939 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応4年8月23日生まれ。原善三郎の孫娘屋寿(やす)と結婚,生糸貿易商をつぐ。横浜に三渓園をつくって古建築を移築し,収集した美術品を展示した。また小林古径,前田青邨(せいそん)らを援助。茶人としても知られた。昭和14年8月16日死去。72歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。旧姓は青木。名は富太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はらさんけい【原三渓】

1868~1939) 実業家。近代の数寄者。岐阜県生まれ。名は富太郎。養家を横浜第一の財閥とし、その財力をもって古美術品を収集し、茶道に親しむ。本牧三渓園はその旧宅。収集品の多くは大和文華館に蔵される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の原三渓の言及

【三渓園】より

…横浜市中区本牧三ノ谷に所在する庭園。本牧海岸には三つの谷があり,西から3番目の谷を中心として19haの広さをもつ。地域内もいくつかの谷が刻まれ,この自然の山と谷を生かして,低地に池を掘り中島をきずくものの,人工の目立たない庭園である。横浜を中心に活躍した実業家また美術収集家,茶人でもあった原富太郎(号は三渓,1868‐1939)がつくったもので,外苑と内苑に分かれ,内苑には旧紀州徳川家別業の臨春閣,二階楼閣をもつ聴秋閣,茶室春草蘆等の三渓の収集になる重要文化財建築がある。…

※「原三渓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原三渓の関連キーワード原善一郎(1)大和文華館今村 紫紅速水御舟今村紫紅高橋箒庵原富太郎数寄者三溪園実業家大師会春草廬旧宅茶道養家財力財閥

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android