コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口兼済 はらぐち けんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口兼済 はらぐち-けんさい

1847-1919 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年2月17日生まれ。明治5年陸軍少尉。陸軍戸山学校長などをへて,日清戦争に第四師団参謀長として従軍。38年中将となり,日露戦争では第十三師団長などをつとめ,樺太(からふと)(サハリン)を占領した。43年貴族院議員大正8年6月18日死去。73歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。陸軍兵学寮卒。本姓は才木。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原口兼済

没年:大正8.6.18(1919)
生年:弘化4.2.17(1847.4.2)
明治期の陸軍軍人。豊後森藩(大分県)藩士才木寛吾の4男。原口等の養子となる。兵学寮を経て明治5(1872)年陸軍少尉に任官し,ドイツに派遣されたのち,戸山学校長,近衛歩兵第1連隊長を歴任した。日清戦争(1894~95)には大佐,第4師団参謀長として出征戦後,少将に進級して歩兵第20旅団長,台湾守備混成第1旅団長,歩兵第17旅団長などを務めたが,36年休職。37年日露開戦により復職し,教育総監部参謀長などを経て中将に進み,新設の第13師団長に就任。樺太作戦に従事したが,ロシアの守備兵は少数で本格的な戦闘もなく占領に成功した。戦後その功により男爵。39年ふたたび休職となり翌年予備役。43年から大正7(1918)年まで貴族院議員。

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

原口兼済の関連キーワード明治時代原口徠没年