コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原口兼済 はらぐち けんさい

2件 の用語解説(原口兼済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原口兼済 はらぐち-けんさい

1847-1919 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年2月17日生まれ。明治5年陸軍少尉。陸軍戸山学校長などをへて,日清戦争に第四師団参謀長として従軍。38年中将となり,日露戦争では第十三師団長などをつとめ,樺太(からふと)(サハリン)を占領した。43年貴族院議員。大正8年6月18日死去。73歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。陸軍兵学寮卒。本姓は才木。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原口兼済

没年:大正8.6.18(1919)
生年:弘化4.2.17(1847.4.2)
明治期の陸軍軍人。豊後森藩(大分県)藩士才木寛吾の4男。原口等の養子となる。兵学寮を経て明治5(1872)年陸軍少尉に任官し,ドイツに派遣されたのち,戸山学校長,近衛歩兵第1連隊長を歴任した。日清戦争(1894~95)には大佐,第4師団参謀長として出征。戦後,少将に進級して歩兵第20旅団長,台湾守備混成第1旅団長,歩兵第17旅団長などを務めたが,36年休職。37年日露開戦により復職し,教育総監部参謀長などを経て中将に進み,新設の第13師団長に就任。樺太作戦に従事したが,ロシアの守備兵は少数で本格的な戦闘もなく占領に成功した。戦後その功により男爵。39年ふたたび休職となり翌年予備役。43年から大正7(1918)年まで貴族院議員。

(戸部良一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原口兼済の関連キーワード伊藤重枝河村正彦児島惣次郎坂田虎之助土屋光春畑英太郎真鍋斌村上作夫桃井直幹山岡熊治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone