コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原発性アルドステロン症 げんぱつせいあるどすてろんしょうPrimary Aldosteronism

家庭医学館の解説

げんぱつせいあるどすてろんしょう【原発性アルドステロン症 Primary Aldosteronism】

[どんな病気か]
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの一種であるアルドステロン(塩類ホルモン)が過剰に分泌(ぶんぴつ)されて高血圧をおこす病気で、30~40歳の女性に多くみられます。
 アルドステロンが過剰に分泌されると、血中のナトリウムの量が増え、かならず高血圧がおこります。最高血圧も最低血圧も、ともに上がりますが、とくに最低血圧が上昇するのが特徴で、100を超えることが多いようです。
 また、血液中のカリウムが減少する(低(てい)カリウム血症(けっしょう))ため、カリウムを大量に必要とする筋肉の力が弱り、四肢(しし)(手足)がまひします。
[原因]
 副腎の皮質に腫瘍(しゅよう)ができたり、組織の異常な増殖(過形成)がおこると、アルドステロンが過剰に分泌されることが原因です。
[検査と診断]
 高血圧、低カリウム血症がみられ、血液中のレニンの値が低く、アルドステロンの値が高ければ、診断がつきます。
 診断を確実にするには、さらに副腎のシンチグラフィー、CTスキャン、MRIなどの画像診断を行ない、副腎静脈血中のアルドステロンの値を測定します。
 これによって、腫瘍や過形成の状態もわかります。
[治療]
 腫瘍があるときは、それを摘出します。過形成が原因であるときは、アルドステロンのはたらきを抑える薬剤を使用します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

原発性アルドステロン症の関連キーワードホルモン(内分泌)のしくみとはたらきナトリウムと代謝異常子どもの高血圧(症)内分泌性ミオパチーアルドステロン症副腎皮質ホルモン若年性高血圧症二次性高血圧症高塩素血症副腎腫瘍高血圧症頻尿

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android