参加支払い(読み)さんかしはらい(英語表記)payment for honour, payment by intervention

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「参加支払い」の解説

参加支払い
さんかしはらい
payment for honour, payment by intervention

手形所持人満期または満期前の遡求を阻止するために,主たる債務 (為替手形引受人約束手形振出人) 以外の者が特定遡求義務者 (被参加人) のためになす支払い (手形法 55,59~63,77条1項5号) 。栄誉支払いともいう。参加支払いがあると,被参加人よりのちの裏書人 (その保証人) は遡求義務を免れ,参加支払人は被参加人およびその手形上の債務者に対し手形上の権利を取得する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android