双鉤填墨(読み)そうこうてんぼく(英語表記)Shuang-gou-tian-mo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双鉤填墨
そうこうてんぼく
Shuang-gou-tian-mo

中国で文字を写し取る方法の一つ。写そうとする文字の上に薄い紙を載せて写するもので,最初に輪郭だけを線で写し (双鉤) ,中に補填 (填墨) する方法をいう。六朝時代に行われていたが,唐代になって法鑑賞発達に伴って,王羲之などの法書の搨模 (とうも) に用いられた。代表的な例として『喪乱帖』『孔侍中帖』 (ともに王義之の書の搨摸) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双鉤填墨
そうこうてんぼく

原本の上に紙をのせ、透写(すきうつ)しによって筆跡を写す模写方法で、中国・唐代(7~10世紀)に発達した。文字の大きさ、形、運筆の速度、緩急、筆圧、そして墨色などを原本どおりに丹念に書き写すため、肉筆(にくひつ)と区別がつかないほど精妙なものもある。「双鉤」は文字の輪郭を細い墨の線で写し取ることで、わが国ではこれを籠字(かごじ)という。「填墨」は籠字の中を墨で塗りつぶすこと。わが国伝存の遺品としては、奈良時代に将来された中国・東晋(とうしん)の王羲之(おうぎし)の筆跡の模写『喪乱帖(そうらんじょう)』(宮内庁)、『孔侍中帖(こうじちゅうじょう)』(東京、前田育徳会)がよく知られる。[名児耶明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そうこう‐てんぼく サウコウ‥【双鉤填墨】

〘名〙 籠写(かごうつし)した文字の、輪郭の中を墨でうずめて同じような書蹟をつくる方法。中国の唐時代に発達。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android