コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双鉤填墨 そうこうてんぼく Shuang-gou-tian-mo

3件 の用語解説(双鉤填墨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双鉤填墨
そうこうてんぼく
Shuang-gou-tian-mo

中国で文字を写し取る方法の一つ。写そうとする文字の上に薄い紙を載せて謄写するもので,最初に輪郭だけを線で写し (双鉤) ,中に墨を補填 (填墨) する方法をいう。六朝時代に行われていたが,唐代になって法書の鑑賞の発達に伴って,王羲之などの法書の搨模 (とうも) に用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうこう‐てんぼく〔サウコウ‐〕【双×鉤填墨】

双鉤2で写した文字の輪郭の内側を墨で塗り、同じような文字をつくること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双鉤填墨
そうこうてんぼく

原本の上に紙をのせ、透写(すきうつ)しによって筆跡を写す模写方法で、中国・唐代(7~10世紀)に発達した。文字の大きさ、形、運筆の速度、緩急、筆圧、そして墨色などを原本どおりに丹念に書き写すため、肉筆(にくひつ)と区別がつかないほど精妙なものもある。「双鉤」は文字の輪郭を細い墨の線で写し取ることで、わが国ではこれを籠字(かごじ)という。「填墨」は籠字の中を墨で塗りつぶすこと。わが国伝存の遺品としては、奈良時代に将来された中国・東晋(とうしん)の王羲之(おうぎし)の筆跡の模写『喪乱帖(そうらんじょう)』(宮内庁)、『孔侍中帖(こうじちゅうじょう)』(東京、前田育徳会)がよく知られる。[名児耶明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双鉤填墨の関連キーワード点推定写し取る脅し取る乾拓復写し押し取る差し取る双鉤拓版

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双鉤填墨の関連情報