コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔侍中帖 こうじちゅうじょうKong-shi-zhong-tie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔侍中帖
こうじちゅうじょう
Kong-shi-zhong-tie

中国,東晋の王羲之法書 (手本) 。『喪乱帖』と同じく奈良時代に日本に将来された。紙縫に「延暦勅定」の印記があり,桓武天皇の内府にあったもの。白麻紙にかれ,行書全9行より成る。『九月十七日帖』とも呼ばれる。この帖は褚遂良 (ちょすいりょう) の『王羲之書目』にも記載され,唐の貞観年間に搨書手によって真跡から模写されたと思われる。『喪乱帖』と並んで王書の双璧と称すべき名品。国宝。前田育徳会蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔侍中帖
こうじちゅうじょう

中国、晋(しん)時代の王羲之(おうぎし)の筆跡の一つ。東京・前田育徳会蔵。国宝。羲之の手紙である哀禍(あいか)帖・孔侍中帖(九月十七日帖とも)・憂懸(ゆうけん)帖、あわせて9行の総称。羲之の真跡本ではなく、原本を敷き写しにして籠字(かごじ)をとり、その中を墨で填(う)めた、いわゆる双鉤填墨本(そうこうてんぼくぼん)である。料紙は、縦に簾(すだれ)のような細かい篦(へら)目の入った白麻紙(しろまし)で、唐時代のもの。「延暦勅定(えんりゃくちょくじょう)」の朱文の印が捺(お)される。『東大寺献物帳』に記された「大小王真跡書一巻」または「書法廿巻」に含まれるものであろう。当時の遣唐使による舶載品(鑑真(がんじん)和上の将来品の説もある)。『喪乱帖(そうらんじょう)』(宮内庁蔵)と並んで、王羲之書法を伝える貴重な遺品である。[神崎充晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

孔侍中帖の関連キーワード尊経閣文庫双鉤填墨十七帖

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android