コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反復性肩関節脱臼 はんぷくせいかたかんせつだっきゅうRecurrent Dislocation of the Glenohumeral Joint

1件 の用語解説(反復性肩関節脱臼の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はんぷくせいかたかんせつだっきゅう【反復性肩関節脱臼 Recurrent Dislocation of the Glenohumeral Joint】

[どんな病気か]
 1回のけがで脱臼した後、急にいろいろな原因で脱臼をくり返すことを、反復性脱臼(はんぷくせいだっきゅう)といいます。
 これが肩の関節におこった場合に、反復性肩関節脱臼と呼ばれます。
 外傷がなくても脱臼をくり返すのは、習慣性脱臼(しゅうかんせいだっきゅう)といって、関節がゆるい人に多くみられ、区別されます。
 20歳以下で、最初の脱臼を整復した後の固定が十分でなかった場合に、脱臼を反復するようになることが多いようです。
[症状]
 日常生活では、あまり痛みはありません。しかし、ちょっと転んだり、あるいは朝起きようとして腕を動かしただけで、脱臼する場合もあります。
 ボールを投げようとすると、脱臼しそうな不安感があり、スポーツ動作が思いきりできなくなります。
[治療]
 まず、初回の脱臼を整復した後、最低3週間は固定をして、脱臼によって損傷した組織が完全に修復され、反復性脱臼をおこさないようにする必要があります。
 反復性脱臼になる人は、1年以内に再脱臼をおこします。これを防止するためには、肩の周囲の筋力を鍛える必要があります。
 それでも脱臼をくり返すようなら、手術が必要になります。手術は、その人の生活様式や、よく行なうスポーツの種類によって変わります。
 手術には、関節鏡ではがれている軟骨を縫い縮めたり、肩関節の前面に骨を移植する、あるいは関節を包んでいる袋(関節包(かんせつほう))を縫い縮めたりする方法があります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反復性肩関節脱臼の関連情報