コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反復性肩関節脱臼 はんぷくせいかたかんせつだっきゅう Recurrent Dislocation of the Glenohumeral Joint

1件 の用語解説(反復性肩関節脱臼の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はんぷくせいかたかんせつだっきゅう【反復性肩関節脱臼 Recurrent Dislocation of the Glenohumeral Joint】

[どんな病気か]
 1回のけがで脱臼した後、急にいろいろな原因で脱臼をくり返すことを、反復性脱臼(はんぷくせいだっきゅう)といいます。
 これが肩の関節におこった場合に、反復性肩関節脱臼と呼ばれます。
 外傷がなくても脱臼をくり返すのは、習慣性脱臼(しゅうかんせいだっきゅう)といって、関節がゆるい人に多くみられ、区別されます。
 20歳以下で、最初の脱臼を整復した後の固定が十分でなかった場合に、脱臼を反復するようになることが多いようです。
[症状]
 日常生活では、あまり痛みはありません。しかし、ちょっと転んだり、あるいは朝起きようとして腕を動かしただけで、脱臼する場合もあります。
 ボールを投げようとすると、脱臼しそうな不安感があり、スポーツ動作が思いきりできなくなります。
[治療]
 まず、初回の脱臼を整復した後、最低3週間は固定をして、脱臼によって損傷した組織が完全に修復され、反復性脱臼をおこさないようにする必要があります。
 反復性脱臼になる人は、1年以内に再脱臼をおこします。これを防止するためには、肩の周囲の筋力を鍛える必要があります。
 それでも脱臼をくり返すようなら、手術が必要になります。手術は、その人の生活様式や、よく行なうスポーツの種類によって変わります。
 手術には、関節鏡ではがれている軟骨を縫い縮めたり、肩関節の前面に骨を移植する、あるいは関節を包んでいる袋(関節包(かんせつほう))を縫い縮めたりする方法があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

反復性肩関節脱臼の関連キーワード脱臼整復何心地不死身プリマドンナ病は気から疫病み顔向けができない除け銀脱臼 (luxation)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反復性肩関節脱臼の関連情報