(読み)シュウ

デジタル大辞泉「収」の解説

しゅう【収〔收〕】[漢字項目]

[音]シュウ(シウ)(漢) [訓]おさめる おさまる
学習漢字]6年
取り入れる。取りこむ。おさめる。「収益収穫収入収容収録収賄回収吸収徴収撤収買収領収
取りまとめる。まとまる。「収拾収束
とり押さえる。「収監押収
引きしまる。「収縮収斂(しゅうれん)
手に入る金銭。取り高。「収支月収減収増収年収
[名のり]おさむ・かず・さね・すすむ・なお・なか・のぶ・もと・もり・もろ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「収」の解説

おさん をさん【収】

〘名〙 江戸時代、仮名暦の中段にしるされた日々の吉凶を示す十二直(じゅうにちょく)の一つ。諸事に吉であるとされている日。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻八上「おさんばかりで暦には茂兵へなし」

しゅう シウ【収】

〘名〙 農作物などを、取り入れたもの。収穫。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此他猶大麻、亜麻、楓糖、楓蜜、及び秣草の収あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android