コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取立訴訟 とりたてそしょう

2件 の用語解説(取立訴訟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取立訴訟
とりたてそしょう

金銭債権に対する強制執行手続において第3債務者が任意の支払いに応じない場合に,差押え債権者が被差押え債権を第3債務者から取立てるための訴訟 (民事執行法 157) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりたてそしょう【取立訴訟】

債権に対する強制執行の際の,差押債権の取立ての一方法。債務名義がまだ存在しないときに,差押債権者が自己の取立権に基づいて,自己の名で第三債務者に対し給付訴訟を提起して取立てをする訴訟である(民事執行法157条)。金銭の支払を目的とする債権を差し押さえた債権者は,その債権を取り立てる権能を与えられるので,任意弁済の請求をなしうるし,第三債務者がこれに応じなくとも,差押債権につき担保権があればその実行ができ,また,差押債権に(債務者を債権者とする)債務名義がすでに存在すれば,承継執行文を得て強制執行することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

取立訴訟の関連キーワード差押え執行権無限責任仮差押え共益費執行委任転付債権法債権執行不動産執行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone