コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取立訴訟 とりたてそしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取立訴訟
とりたてそしょう

金銭債権に対する強制執行手続において第3債務者が任意の支払いに応じない場合に,差押え債権者が被差押え債権を第3債務者から取立てるための訴訟 (民事執行法 157) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とりたてそしょう【取立訴訟】

債権に対する強制執行の際の,差押債権の取立ての一方法。債務名義がまだ存在しないときに,差押債権者が自己の取立権に基づいて,自己の名で第三債務者に対し給付訴訟を提起して取立てをする訴訟である(民事執行法157条)。金銭の支払を目的とする債権を差し押さえた債権者は,その債権を取り立てる権能を与えられるので,任意弁済の請求をなしうるし,第三債務者がこれに応じなくとも,差押債権につき担保権があればその実行ができ,また,差押債権に(債務者を債権者とする)債務名義がすでに存在すれば,承継執行文を得て強制執行することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android