コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給付訴訟 キュウフソショウ

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうふそしょう【給付訴訟】

民事訴訟の類型の一つ。原告(訴えを起こす者)が被告(他の特定の者)に対して一定の金銭の支払を求めたり,特定の土地や家屋の明渡しを求める場合など,訴訟のテーマ(請求)としての原告の法的要求が,被告に対して一定の行為をなすこと(作為),またはなさないこと(不作為)である訴訟をいう。〈登記申請に協力せよ〉というような意思表示を求める場合や,〈何ホン以上の騒音を出すな〉というような不作為を求める場合も,これに含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうふそしょう【給付訴訟】

被告の給付義務の存在を主張し、被告に対して、金何円支払え、家屋を引き渡せといった特定の行為(給付)を命ずる判決を求める訴え。給付の訴え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の給付訴訟の言及

【訴え】より

…〈請求の趣旨〉とは,訴えの結論として何を求めるかを簡潔に表示するものであり,勝訴判決の主文に照応する。訴えは,求められる内容から,給付の訴え(給付訴訟),確認の訴え(確認訴訟),形成の訴え(形成訴訟)に分類されるが,このそれぞれの請求の趣旨は,たとえば,被告は原告に金100万円を支払えとの判決を求める,原告が某建物について所有権を有することを確認するとの判決を求める,原告と被告とを離婚するとの判決を求める,というように記述される。これは,〈訴訟上の請求〉(または単に,請求),訴訟物と講学上呼ばれるものにほぼ対応する。…

【訴訟当事者】より

…通常,訴訟物につき対立した利害関係の帰属主体であると主張する者が正当な当事者である。給付訴訟では,訴訟物たる請求権を主張し,その義務者と主張される者がこれである。訴訟物が当事者間の法律関係に限られぬ確認訴訟では,訴訟物たる法律関係の存否不明により生じる自己の法律的地位の不安危険を確認判決をもって除去する利益(確認の利益)を有する者と,かかる事態を生ぜしめている者がこれである。…

※「給付訴訟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

給付訴訟の関連キーワード義務づけ訴訟当事者適格取立訴訟民事訴訟抗告訴訟督促手続本公事訴訟物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android