コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債務名義 さいむめいぎ Vollstreckungstitel; Schuldtitel

7件 の用語解説(債務名義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務名義
さいむめいぎ
Vollstreckungstitel; Schuldtitel

強制執行によって実現される一定の私法上の給付請求権の存在と範囲を公に証明する文書。執行名義ともいう。主として裁判書およびこれに準じる効力をもつ調書であるが,裁判所の関与なしに公証人が作成した証書 (→執行証書 ) の場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいむ‐めいぎ【債務名義】

一定の私法上の給付義務およびこれに対する請求権の存在を証明し、法律によって執行力を付与された公の文書。給付判決支払い命令・公正証書など。執行名義。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

債務名義【さいむめいぎ】

執行機関が強制執行をするときに基本となるもので,債権者に債権が存在することを公的に証明した文書。執行名義とも。確定した給付判決仮執行宣言付給付判決(仮執行宣言),支払督促,調停調書,和解調書執行証書などが代表的なもの(民事執行法22条)。
→関連項目仮差押え給付の訴え公正証書請求異議の訴え督促手続

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

かんたん不動産用語解説の解説

債務名義

代金の支払や不動産の明渡しなど、強制的な手続き(強制執行)ができる文書のこと。裁判所の判決のほかに公正証書即決和解調書も債務名義にあたる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいむめいぎ【債務名義】

債権者の債務者に対する強制執行において,実現を予定される請求権が存在すること,およびその内容を明らかにする文書をいう。強制執行は,この文書を前提にして初めて可能になり,これを債務名義の執行力と呼ぶ。 強制執行は,その性格上債務者の生活利益を侵害するので,それを正当化するにたる根拠が必要になる。具体的には,強制執行によって実現される請求権を確定することが,この正当化根拠になるが,現行法は,これを執行機関の任務としていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいむめいぎ【債務名義】

一定の私法上の給付請求権の存在を証明し、法律により執行力を付与された公の文書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

債務名義
さいむめいぎ

一定の私法上の請求権の存在および範囲を表示した書面で、法律が執行力を与えたもの。現行法上、公の文書に限られる。強制執行は請求権の存在を前提とするが、現行制度上、執行機関と請求権を確定する機関が別個のものとされているので、債務名義が必要となる。すなわち、債務名義でもって請求権の存在・範囲が公証されていれば、執行機関はこれを前提として執行する職務上の義務を有し、また、その執行は適法とされる。ただ、現実に執行の申立てをするには、原則として債務名義に執行文の付与されることが必要であり、執行文の付与された債務名義を執行力ある正本という。
 債務名義となる文書は、民事執行法第22条で定められている。それによれば、以下のものが債務名義となる。
(1)確定(給付)判決。
(2)仮執行宣言付き判決。
(3)抗告によらなければ不服を申し立てることができない裁判(訴訟費用償還決定=民事訴訟法69条、代替執行あるいは間接強制のための決定=民事執行法171条・172条など)。
(4)仮執行宣言付き損害賠償命令(犯罪被害者保護法26条2項参照)。
(5)仮執行宣言付き支払督促。
(6)訴訟費用もしくは和解の費用の負担の額を定める裁判所書記官の処分または執行費用および返還すべき金銭の額を定める裁判所書記官の処分。
(7)執行証書。
(8)確定した執行判決のある外国裁判所の判決。
(9)確定した執行決定のある仲裁判断。
(10)確定判決と同一の効力を有する調書または裁判(和解調書、請求の認諾調書、調停証書、調停にかわる裁判、破産債権表の記載、更生債権者表の記載など)。[本間義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の債務名義の言及

【強制執行】より

…一見矛盾するこの二つの目的をどう調和させるかが,立法者の苦心したところであり,その苦心は,民事執行法の種々の規定の中にあらわれている。 まず,強制執行を開始するにあたっては,債務名義が要求される(民事執行法22条)。債務名義とは,強制執行によって実現される請求権が存在することを確証する文書であり,これによって,請求権が存在しないのに強制執行が行われることを防ごうとする。…

※「債務名義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

債務名義の関連キーワード債権者代位権代替執行直接強制取立訴訟無限責任共益費共同執行相続債権者転付不動産執行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone