コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾錠 ビジョウ

デジタル大辞泉の解説

び‐じょう〔‐ヂヤウ〕【尾錠】

帯革・ひもなどの先に取り付けて左右から寄せて締める金具。男子のチョッキズボンの後ろなどに用いる。バックル。尾錠金(がね)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びじょう【尾錠】

帯革・ひもなどの一端に付け、他端を入れて締め付け、緩まないようにする金具。締め金。びじょがね。バックル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾錠
びじょう

バックル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の尾錠の言及

【鉸具】より

…帯の留金具の一つ。尾錠(びじよう)ともいう。金具の一端に鉤をつくり,それに帯の端をかける帯鉤(たいこう)のような留め方のものと,帯を金具の裏から抜き出し,帯の中央の穴に金具の棒をさしこんで留めるものとがある。…

※「尾錠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾錠の関連キーワードバックル(留め金具)ニッカーボッカーズニッカボッカーズブーツ(深靴)締め金・締金早川徳次仕事着中学生他端掏摸鉸具銙帯締金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾錠の関連情報