(読み)こう

精選版 日本国語大辞典「鉤」の解説

こう【鉤】

[1] 〘名〙
① まがった金属製のもの。かぎ、釣針の類。また、新月のたとえ。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「来非我力。帰非我志。招我以鉤。引我以索。泛舶之朝。数示異相。帰帆之夕。縷説宿縁」
※史記抄(1477)一二「殺さうとて射たれども鉤にあたりて幸に不死でこそあれぞ」 〔梁元帝‐草名詩〕
② =こう(勾)(一)
の使い方。中指の先で筆管の前を押え止める。
画法。くまどること。くまどり。
[2] 四摂(ししょう)菩薩の一つ。釣で魚を釣るのにたとえて、菩薩衆生を誘引する段階をいう。金剛鉤菩薩。

こ【鉤】

〘名〙 (「鉤」は先端の折れ曲がった器具の意)
① つり針。はり。
② すだれを巻き上げたときにかけるかぎ形の金具。
※枕(10C終)二〇一「御簾の帽額、総角などにあげたるこのきはやかなるも、けざやかに見ゆ」

ち【鉤】

〘名〙 魚を釣る針。釣針(つりばり)。ちい。
※古事記(712)上「此の鉤(ち)は、淤煩鉤(おぼち)、須々鉤(すすち)、貧鉤(まぢち)、宇流鉤(うるち)」 〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鉤」の解説

ち【×鉤】

釣り針。ちい。
「弟(おとのみこと)時に既に(このかみ)の―を失ふ」〈神代紀・下〉

かぎ【×鉤】

先の曲がった金属製の器具。物をひっかけるのに使う。また、そうした形のもの。
長い柄の先に1が付いたもの。物にひっかけて引き寄せたり、武器にしたりする。
鉤括弧(かぎかっこ)」に同じ。

こ【×鉤】

《「こう(鉤)」の音変化》巻き上げた御簾(みす)を掛けておくかぎ形の金具。
「御簾の帽額(もかう)、総角(あげまき)などにあげたる―のきはやかなるも」〈・二〇一〉

はり【×鉤】

《「」と同語源》釣り針のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【釣針】より

…全体が3cmほどの,小さいが均整のとれた形のものである。これと別に,軸と鉤(かぎ)の部分を別々につくり,組み合わせて使う形のものがある。一般にはUあるいはV字型につくられ,全長が12cmになる大型のものもある。…

※「鉤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android