コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古先印元 こせん いんげん

2件 の用語解説(古先印元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古先印元 こせん-いんげん

1295-1374 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。桃渓徳悟(とうけい-とくご)にまなぶ。文保2年(1318)元(げん)(中国)にわたり中峰明本(ちゅうほう-みょうほん)の法をつぐ。嘉暦(かりゃく)元年日本にまねかれた清拙正澄(せいせつ-しょうちょう)とともに帰国。甲斐(かい)(山梨県)恵林(えりん)寺,鎌倉円覚寺,建長寺などの住持をつとめた。応安7=文中3年1月24日死去。80歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。諡号(しごう)は正宗広智禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古先印元

没年:応安7/文中3.1.24(1374.3.7)
生年:永仁3(1295)
鎌倉後期・南北朝時代臨済宗の禅僧。薩摩(鹿児島県)の人。俗姓は藤原氏。鎌倉円覚寺の桃渓徳悟について出家し,文保2(1318)年に入元した。杭州(浙江省)天目山の中峰明本に参じて法を嗣ぎ,金陵(南京)保寧寺の古林清茂などに学び,嘉暦1(1326)年に元僧の清拙正澄と共に帰国した。夢窓疎石に請われて甲斐(山梨県)の恵林寺に出世し,また山城(京都)三条坊門の等持寺の開山となった。次いで鎌倉の浄智寺,円覚寺,建長寺などに住した。この間,奥羽(福島県)須賀川の普応寺などを開いた。諡号は正宗広智禅師。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

古先印元の関連キーワード小島法師小島法師古先印元中小企業再生支援協議会倪瓚高啓小島法師万福寺李花集観阿弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone