コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古先印元 こせん いんげん

2件 の用語解説(古先印元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古先印元 こせん-いんげん

1295-1374 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。桃渓徳悟(とうけい-とくご)にまなぶ。文保2年(1318)元(げん)(中国)にわたり中峰明本(ちゅうほう-みょうほん)の法をつぐ。嘉暦(かりゃく)元年日本にまねかれた清拙正澄(せいせつ-しょうちょう)とともに帰国。甲斐(かい)(山梨県)恵林(えりん)寺,鎌倉円覚寺,建長寺などの住持をつとめた。応安7=文中3年1月24日死去。80歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。諡号(しごう)は正宗広智禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古先印元

没年:応安7/文中3.1.24(1374.3.7)
生年:永仁3(1295)
鎌倉後期・南北朝時代臨済宗の禅僧。薩摩(鹿児島県)の人。俗姓は藤原氏。鎌倉円覚寺の桃渓徳悟について出家し,文保2(1318)年に入元した。杭州(浙江省)天目山の中峰明本に参じて法を嗣ぎ,金陵(南京)保寧寺の古林清茂などに学び,嘉暦1(1326)年に元僧の清拙正澄と共に帰国した。夢窓疎石に請われて甲斐(山梨県)の恵林寺に出世し,また山城(京都)三条坊門の等持寺の開山となった。次いで鎌倉の浄智寺,円覚寺,建長寺などに住した。この間,奥羽(福島県)須賀川の普応寺などを開いた。諡号は正宗広智禅師。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古先印元の関連キーワード虎関師練正韵世尊寺伊俊慧可大覚寺統臨済臨済録済家二階堂行敦白崖宝生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone