コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古野伊之助 ふるの いのすけ

2件 の用語解説(古野伊之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古野伊之助 ふるの-いのすけ

1891-1966 昭和時代の経営者。
明治24年11月13日生まれ。国際通信社北京支局長をへて,日本新聞連合社総支配人となる。昭和11年岩永裕吉同盟通信社を設立し,14年社長。終戦で解散したが,後身の共同通信社,時事通信社の理事などをつとめた。昭和41年4月24日死去。74歳。三重県出身。早大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古野伊之助
ふるのいのすけ
(1891―1966)

通信経営者。明治24年11月13日、三重県富田村(現、四日市(よっかいち)市)に生まれる。1909年(明治42)AP通信東京支局の給仕を振り出しに通信社記者の道を歩み、その間、国家代表通信社の必要を痛感し、岩永裕吉(ゆうきち)とともに通信自主権獲得のために尽力する。国際通信社(1914設立)、新聞聯合(れんごう)社(1926設立)を経て、1936年(昭和11)同盟通信社を設立、その意図を実現するとともに、戦時中は新聞統合に深く関与した。昭和41年4月24日没。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古野伊之助の関連キーワード岡田完二郎加藤五一神部満之助田中百畝秦米造穂苅三寿雄松嶋喜作宮脇先武藤与市山川良一

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone