コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古野伊之助 ふるの いのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古野伊之助 ふるの-いのすけ

1891-1966 昭和時代の経営者。
明治24年11月13日生まれ。国際通信社北京支局長をへて,日本新聞連合社総支配人となる。昭和11年岩永裕吉同盟通信社を設立し,14年社長。終戦で解散したが,後身共同通信社,時事通信社の理事などをつとめた。昭和41年4月24日死去。74歳。三重県出身。早大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古野伊之助
ふるのいのすけ
(1891―1966)

通信経営者。明治24年11月13日、三重県富田村(現、四日市(よっかいち)市)に生まれる。1909年(明治42)AP通信東京支局の給仕を振り出しに通信社記者の道を歩み、その間、国家代表通信社の必要を痛感し、岩永裕吉(ゆうきち)とともに通信自主権獲得のために尽力する。国際通信社(1914設立)、新聞聯合(れんごう)社(1926設立)を経て、1936年(昭和11)同盟通信社を設立、その意図を実現するとともに、戦時中は新聞統合に深く関与した。昭和41年4月24日没。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

古野伊之助の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android