岩永裕吉(読み)いわながゆうきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩永裕吉
いわながゆうきち

[生]1883.9.13. 東京
[没]1939.9.2. 軽井沢
同盟通信社の設立者で社長。京都大学卒業後,南満州鉄道入社。 1921年,国際通信社取締役として入社。同社ロイター支配から独立させるため,26年,新聞組合主義に立つ日本新聞連合通信社 (のち新聞連合通信社と改称) を設立。さらに政府の一国一通信社主義による同盟通信社発足 (1936) にあたって,その初代社長になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩永裕吉 いわなが-ゆうきち

1883-1939 大正-昭和時代前期の実業家。
明治16年9月13日生まれ。長与専斎の4男。叔父岩永省一の養子となる。満鉄,鉄道院勤務ののち,大正9年「岩永通信」を発行。10年国際通信社にはいる。15年同社を発展させて日本新聞連合社を創立し,専務理事。国家代表通信社の設立を提唱し,昭和11年日本電報通信社と合併した同盟通信社を誕生させ,初代社長となった。貴族院議員。昭和14年9月2日死去。57歳。東京出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩永裕吉
いわながゆうきち
(1883―1939)

ニュース通信社の経営者。東京生まれ。作家長与善郎(ながよよしろう)の兄。1909年(明治42)京都帝国大学卒業。一時満鉄に勤めるが、1920年(大正9)『岩永通信』を発刊以来通信業に関心をもち、1921年国際通信社に入社、経営を助ける。日本の通信社の独立を念願し、1926年国際通信社を解散して日本新聞聯合(れんごう)社を設立した。以後、世界の有力通信社と対等契約を結び、通信自主権の確立に尽力した。1936年(昭和11)に初の国家代表通信社、同盟通信社をつくりあげた。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩永裕吉の言及

【長与又郎】より

…研究は恙虫病のほか,心臓および肝臓の研究で世界的に著名。なお弟に同盟通信社初代社長の岩永裕吉,作家の長与善郎がいる。【松田 武】。…

※「岩永裕吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android