コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩永裕吉 いわながゆうきち

3件 の用語解説(岩永裕吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩永裕吉
いわながゆうきち

[生]1883.9.13. 東京
[没]1939.9.2. 軽井沢
同盟通信社の設立者で社長。京都大学卒業後,南満州鉄道に入社。 1921年,国際通信社取締役として入社。同社をロイターの支配から独立させるため,26年,新聞組合主義に立つ日本新聞連合通信社 (のち新聞連合通信社と改称) を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩永裕吉 いわなが-ゆうきち

1883-1939 大正-昭和時代前期の実業家。
明治16年9月13日生まれ。長与専斎の4男。叔父岩永省一の養子となる。満鉄,鉄道院勤務ののち,大正9年「岩永通信」を発行。10年国際通信社にはいる。15年同社を発展させて日本新聞連合社を創立し,専務理事。国家代表通信社の設立を提唱し,昭和11年日本電報通信社と合併した同盟通信社を誕生させ,初代社長となった。貴族院議員。昭和14年9月2日死去。57歳。東京出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩永裕吉
いわながゆうきち
(1883―1939)

ニュース通信社の経営者。東京生まれ。作家長与善郎(ながよよしろう)の兄。1909年(明治42)京都帝国大学卒業。一時満鉄に勤めるが、1920年(大正9)『岩永通信』を発刊以来通信業に関心をもち、1921年国際通信社に入社、経営を助ける。日本の通信社の独立を念願し、1926年国際通信社を解散して日本新聞聯合(れんごう)社を設立した。以後、世界の有力通信社と対等契約を結び、通信自主権の確立に尽力した。1936年(昭和11)に初の国家代表通信社、同盟通信社をつくりあげた。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩永裕吉の言及

【長与又郎】より

…研究は恙虫病のほか,心臓および肝臓の研究で世界的に著名。なお弟に同盟通信社初代社長の岩永裕吉,作家の長与善郎がいる。【松田 武】。…

※「岩永裕吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩永裕吉の関連キーワード青木隆菊地東陽熊谷巌小島七郎土屋興仁木独人西山哲治二条厚基原口徠吉田真策

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone