コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併症妊娠 がっぺいしょうにんしん

家庭医学館の解説

がっぺいしょうにんしん【合併症妊娠】

 妊娠にともなっておこった他の病気をいい、病気をもっている人が妊娠した場合と、妊娠中に病気が発生した場合があります。
 以前から病気をもち、専門の医師にかかっている場合は、まず、その医師に妊娠・分娩(ぶんべん)が可能かどうかを十分に判断してもらう必要があります。
 また、場合によっては、妊娠することにより合併症が悪化して危険な状態となり、妊娠中絶が必要になることもあります。
 合併症妊娠のもとになる病気は、「慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意」の項で説明したもの以外にも、つぎにあげるようにさまざまな分野にわたります。
 婦人科疾患 子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)、性器の形態異常、子宮頸(けい)がんなど
 循環器疾患 本態性高血圧(ほんたいせいこうけつあつ)、心不全(しんふぜん)、肺水腫(はいすいしゅ)など
 血液疾患 白血病(はっけつびょう)など
 泌尿器(ひにょうき)系疾患 慢性腎炎(まんせいじんえん)、ネフローゼ症候群、腎盂腎炎(じんうじんえん)など
 肝胆道系疾患 胆嚢炎(たんのうえん)、胆石(たんせき)、HELLP症候群など
 呼吸器系疾患 肺結核など
 感染症 梅毒(ばいどく)、風疹(ふうしん)、ヘルペス、エイズなど
 外科疾患 虫垂炎(ちゅうすいえん)、腸閉塞(ちょうへいそく)など
 精神神経疾患 統合失調症、躁(そう)うつ病など
 したがって、産婦人科医だけでは合併症をもつ人の病気のコントロールは十分に行なえず、それぞれの病気に対する専門の医師とのスムーズな連絡が必要不可欠となります。
 ですから、なるべくもとの病気の治療を受けている医師に紹介してもらって、産婦人科を選ぶようにするとよいでしょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

合併症妊娠の関連キーワード総合周産期母子医療センター周産期母子医療センター周産期医療MFICU流産

合併症妊娠の関連情報