コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住小三郎(初代) よしずみ こさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉住小三郎(初代) よしずみ-こさぶろう

1699-1753 江戸時代中期の長唄唄方。
元禄(げんろく)12年生まれ。大坂住吉神社神職(楽人)の出で,住吉を逆にして吉住と名のったという。6代杵屋(きねや)喜三郎の門弟とされる。宝暦3年の「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」初演の際,立唄(たてうた)をつとめて好評を博した。宝暦3年7月16日死去。55歳。初名は仙次郎。号は喜鳳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉住小三郎(初代)

没年:宝暦3.7.16(1753.8.14)
生年元禄12(1699)
江戸中期の長唄唄方。もとは大坂の住吉神社の神官(または伶人か)で「吉住」の名は住吉を逆にしたものという。「京鹿子娘道成寺」や「相生獅子」などの初演で唄い,好評を博した。

(長葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

吉住小三郎(初代)の関連キーワード稀音家 六四郎(4代目)吉住 小三郎(6代目)吉住 小三郎(3代目)吉住 小三郎(5代目)杵屋六左衛門(14世)吉住 小三郎(4代目)杵屋 弥十郎(9代目)稀音家 浄観(2代目)芳村伊三郎(5世)湖出市十郎(1世)芳村伊十郎(3代)松島庄五郎(初代)芳村伊十郎(3世)吉住小三郎(6世)吉住小三郎(3代)岡安喜三郎(3代)吉住小三郎(4世)吉住小三郎(5世)稀音家浄観(2代)吉住瓢二(2代)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android