コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉住小三郎(初代) よしずみ こさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉住小三郎(初代) よしずみ-こさぶろう

1699-1753 江戸時代中期の長唄唄方。
元禄(げんろく)12年生まれ。大坂住吉神社神職(楽人)の出で,住吉を逆にして吉住と名のったという。6代杵屋(きねや)喜三郎の門弟とされる。宝暦3年の「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」初演の際,立唄(たてうた)をつとめて好評を博した。宝暦3年7月16日死去。55歳。初名は仙次郎。号は喜鳳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉住小三郎(初代)

没年:宝暦3.7.16(1753.8.14)
生年元禄12(1699)
江戸中期の長唄唄方。もとは大坂の住吉神社の神官(または伶人か)で「吉住」の名は住吉を逆にしたものという。「京鹿子娘道成寺」や「相生獅子」などの初演で唄い,好評を博した。

(長葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

吉住小三郎(初代)の関連キーワード稀音家 六四郎(4代目)吉住 小三郎(4代目)吉住 小三郎(6代目)吉住 小三郎(5代目)杵屋六左衛門(14世)吉住 小三郎(3代目)杵屋 弥十郎(9代目)吉住小三郎(5世)松島庄五郎(初代)芳村伊十郎(3世)湖出市十郎(1世)芳村伊十郎(3代)岡安喜三郎(3代)吉住小三郎(6世)芳村伊三郎(5世)吉住小三郎(4世)吉住小三郎(3代)稀音家浄観(2代)吉住瓢二(2代)神田祭(邦楽)

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android