コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原重俊 ヨシハラシゲトシ

デジタル大辞泉の解説

よしはら‐しげとし【吉原重俊】

[1845~1887]官僚・初代日本銀行総裁。薩摩の人。通称、弥次郎。寺田屋事件に連座して謹慎処分となるが、後に許されて薩摩藩からの留学生として渡米。岩倉使節団書記官を務めるなど外交官として実績を残した後、大蔵省に移って活躍した。明治15年(1882)に日本銀行が創立されると、その初代総裁となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原重俊 よしはら-しげとし

1845-1887 明治時代の官僚。
弘化(こうか)2年4月生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。慶応2年森有礼(ありのり)らとアメリカに留学,明治6年在米日本公使館一等書記官。のち大蔵大書記官,横浜正金銀行管理長,大蔵少輔をへて15年日本銀行初代総裁となった。明治20年12月19日死去。43歳。通称は弥次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉原重俊の関連キーワード東京芸術大学120周年国民之友雑誌後藤三右衛門(2代)スタング(父子)ヴェッチ矢野玄道アスマンドイッセンルナン

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone