コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉原重俊 ヨシハラシゲトシ

デジタル大辞泉の解説

よしはら‐しげとし【吉原重俊】

[1845~1887]官僚・初代日本銀行総裁。薩摩の人。通称、弥次郎寺田屋事件に連座して謹慎処分となるが、後に許されて薩摩藩からの留学生として渡米岩倉使節団書記官を務めるなど外交官として実績を残した後、大蔵省に移って活躍した。明治15年(1882)に日本銀行が創立されると、その初代総裁となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉原重俊 よしはら-しげとし

1845-1887 明治時代の官僚。
弘化(こうか)2年4月生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。慶応2年森有礼(ありのり)らとアメリカに留学,明治6年在米日本公使館一等書記官。のち大蔵大書記官,横浜正金銀行管理長,大蔵少輔をへて15年日本銀行初代総裁となった。明治20年12月19日死去。43歳。通称は弥次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉原重俊の関連キーワード吉原弥次郎富田鉄之助明治時代吉原弘化

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android