コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川治郎左衛門 よしかわ じろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川治郎左衛門 よしかわ-じろうざえもん

1856-1924 明治-大正時代の農村指導者。
安政3年7月23日生まれ。生家は近江(おうみ)野洲郡吉川村(滋賀県中主町)の代々の地主。明治25年琵琶湖沿岸地域の干拓,水利改修のために吉川興農銀行を創立,菖蒲(あやめ)・喜合(きごう)などの新田開発をおこなう。養蚕の振興,学校の設立などにもつくした。県会議員。大正13年7月8日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉川治郎左衛門の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android