コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤信吉 いとうしんきち

4件 の用語解説(伊藤信吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤信吉
いとうしんきち

[生]1906.11.30. 群馬,前橋
[没]2002.8.3. 東京
詩人。萩原朔太郎研究の第一人者高等小学校卒業後,県庁に勤め,同郷の詩人萩原の詩に感動し,詩作を始めた。萩原と室生犀星に師事。上京してプロレタリア文学運動に加わったが,1932年警視庁に検挙され,運動から退いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

伊藤信吉【いとうしんきち】

詩人,評論家。群馬県生れ。萩原朔太郎室生犀星に師事。アナーキズム系の詩人と交わり,のちナップ加盟,プロレタリア詩人として多くの作品を発表したが,運動から離脱,詩の筆を折って,批評,近代文学研究の道に進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤信吉 いとう-しんきち

1906-2002 昭和-平成時代の詩人,文芸評論家。
明治39年11月30日生まれ。萩原朔太郎に師事。昭和3年草野心平の詩誌「学校」に参加。プロレタリア詩人として活動するが,7年検挙されて運動からはなれる。49年「ユートピア紀行」で平林たい子賞,52年「萩原朔太郎」で読売文学賞,55年詩集「望郷蛮歌―風や天」で芸術選奨,平成11年芸術院恩賜賞。平成14年8月3日死去。95歳。群馬県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤信吉
いとうしんきち
(1906―2002)

評論家、詩人。群馬県生まれ。高等小学校卒業。同郷の詩人萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)の知遇を得て生涯の師とする。初めアナキズムの影響を強く受けたが、のちマルクス主義に移りナップ系の代表詩人となった。階級意識を叙情的に歌い上げた詩集『故郷(こきょう)』(1933)を刊行。1932年(昭和7)の検挙後、長く詩作から遠ざかり、文芸評論、詩論、詩研究など多方面に活躍。76年、70歳で第2詩集『上州』を刊行。評論集『島崎藤村(とうそん)の文学』(1936)、『現代詩の鑑賞』上下(1952、54)、『高村光太郎』(1958)、『ユートピア紀行』(1974)、『天下末年』(1977)、『風や天』(1979)、『監獄裏の詩人たち』(1996)、『老世紀界隈で』(2001)ほか多数の著書がある。萩原朔太郎の研究でも知られ、全集の編集に数度携わった。[大塚 博]
『『島崎藤村の文学』(初版、1936・第一書房。複製、1985・日本図書センター) ▽『高村光太郎 その詩と生涯』(1958・新潮社) ▽『萩原朔太郎』1・2(1976・北洋社) ▽『天下末年 伊藤信吉詩集』(1977・新日本出版社 ) ▽『風や天 望郷蛮歌』(1979・集英社) ▽『伊藤信吉詩集』(1989・思潮社) ▽『監獄裏の詩人たち』(1996・新潮社) ▽『老世紀界隈で 詩集』(2001・集英社) ▽『ユートピア紀行 有島武郎 宮沢賢治 武者小路実篤』(講談社文芸文庫) ▽『現代詩の鑑賞』(新潮文庫) ▽伊藤信吉他編『萩原朔太郎全集』全15巻・補巻(1986~89・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊藤信吉の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤信吉の関連情報