同一価値労働同一賃金(読み)ドウイツカチロウドウドウイツチンギン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

同一価値労働同一賃金

違う仕事でも「価値」が同じなら同じ賃金とする原則。「同一労働同一賃金」だと、「司書など女性の多い仕事の賃金が安く、消防士など男性が多い仕事が高い」といった性別役割分業による格差を正せないため、考え出された。知識・技能、精神的・肉体的負荷、責任、労働環境の厳しさの4要素で職務を評価するのが一般的で、欧米で普及している。

(2007-10-26 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人事労務用語辞典の解説

同一価値労働同一賃金

同一の価値を持った仕事に対しては、同一の賃金を支払うという原則のこと。「Pay Equity/ペイ・エクイティ」とも呼ばれています。
(2008/1/28掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どういつかちろうどうどういつちんぎん【同一価値労働同一賃金】

同一質量の労働には,性,年齢民族などの労働者の属性にかかわりなく,同一賃金率で賃金を支払う原則をいう。略して同一労働同一賃金ということが多い。資本主義は商品経済を通じて等価交換をもたらすのであるから,この原則は資本主義社会においても成立する根拠をもつ。しかし現実には,同一職種または同一熟練度をもつ労働者の間に,性,年齢,民族,身分などの差別が行われることによって,同一労働に対するさまざまの差別賃金が存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同一価値労働同一賃金の関連情報