コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名取礼二 なとりれいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名取礼二
なとりれいじ

[生]1912.1.2. 東京
[没]2006.11.20. 東京,港
生理学者。 1936年東京慈恵会医科大学卒業。 49年同大教授,のち理事を経て,75~82年学長,75年から理事長をつとめる。この間,日本学術会議会員をつとめ,78年日本学術会議副会長,83年日本私立医科大学協会会長などを歴任筋繊維研究にたずさわり,カエルの骨格筋を使って単一の筋細胞から筋原繊維標本 (スキムド・ファイバー) を油中分離することに成功,この標本の研究から筋の収縮機構を解明した。 73年紫綬褒章,77年朝日賞,81年日本学士院賞,81年文化功労者,86年文化勲章受章主著に『筋肉生理学』 (1951) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名取礼二 なとり-れいじ

1912-2006 昭和-平成時代の生理学者。
明治45年1月2日生まれ。昭和24年母校東京慈恵医大の教授,50年学長,理事長となった。筋原線維の分離に成功(名取の線維)し,筋収縮の機構解明に貢献した。56年学士院賞,61年文化勲章。日本学術会議副会長などをつとめた。平成18年11月20日死去。94歳。東京出身。著作に「筋生理学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名取礼二
なとりれいじ
(1912―2006)

筋生理学者。東京都生まれ。1936年(昭和11)東京慈恵会医科大学を卒業し、同医学部生理学系の助手となる。1949年同教授、筋原線維の標本作成に成功し、筋の収縮機構を解明した。この標本は「名取の筋線維」として著名。またスポーツ医学の権威としても知られる。1975年同大学長と理事長、1982年名誉学長となる。また1978年日本学術会議副会長、アジア・スポーツ委員会長などを歴任。1981年スキンドファイバー法による筋収縮機構の研究で日本学士院賞、文化功労者、1986年文化勲章を受章した。著書に『筋生理学』『運動の生理学』、共著『最新体力測定法』などがある。[編集部]
『『運動の生理学――筋の働きを中心として』改訂版(1947・青山書院) ▽『筋生理学』(1951・丸善出版) ▽名取礼二著『現代スポーツ生理学』(1968・日本体育社) ▽『最新体力測定法』(1970・東京同文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名取礼二の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧