名目賃金(読み)めいもくちんぎん(英語表記)nominal wages

翻訳|nominal wages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名目賃金
めいもくちんぎん
nominal wages

労働者が労働の対価として受取る経済的報酬が賃金であるが,これを貨幣単位の金額で示したものをいう。これに対し名目賃金の購買力,すなわち名目賃金で実際に購入しうる生活諸資料の量で示したものを実質賃金という。インフレーションなど物価変動のあるときは,名目賃金と実質賃金との間にずれが生じ,名目賃金は上昇しても実質賃金は上昇しないこともある。実質賃金は名目賃金を物価指数,または生計費指数で除した指数として表わされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいもく‐ちんぎん【名目賃金】

貨幣額で表された賃金。その貨幣額で購入できる物量は物価に左右されるため、実質的な購買力は示されない名目的な賃金水準であるところからいう。→実質賃金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人材マネジメント用語集の解説

名目賃金

・Nominal Wages、Momentary Wages
・時価で示された賃金のことを指す。
物価水準の変動を加味しないまま、実質的な貨幣賃金そのものを指す。
・名目賃金が変わらない場合であっても物価などの変動によって、その金額で生活できる水準は変化する。したがって物価水準が上昇していり場合には、名目賃金に変更がない場合には、生活水準は低くなる。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

めいもくちんぎん【名目賃金】

賃金水準の表示にあたり、支払われた貨幣額で表示された賃金。実質的な購買力は物価に影響されるので、名目的な水準しか表せない。 → 実質賃金

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいもく‐ちんぎん【名目賃金】

〘名〙 労働者が賃金として受け取る貨幣額。⇔実質賃金。〔尖端語百科辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名目賃金の関連情報