コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井忠晴 むかい ただはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

向井忠晴 むかい-ただはる

1885-1982 昭和時代の実業家。
明治18年1月26日生まれ。三井物産にはいり,常務をへて昭和14年から会長と三井合名常務理事を兼任,戦時下の三井財閥をひきいた。18年軍部から経済統制違反を追及され,辞任。20年貿易庁長官,27年第4次吉田内閣の蔵相となった。昭和57年12月19日死去。97歳。東京出身。東京高商(現一橋大)卒。旧姓は多(おお)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井忠晴
むかいただはる
(1885―1982)

財界人、政治家。東京生まれ。1904年(明治37)東京高等商業学校(現在の一橋大学)卒業、三井物産に入社。海外支店勤務を経て、1933年(昭和8)取締役となる。1939年会長に就任し、戦時中の三井財閥のリーダーとして手腕を振るった。1943年、中国での穀物取引について軍部に糾弾され辞任。第二次世界大戦後、1945年(昭和20)12月貿易庁長官となるが公職追放。三井財閥解体後も裏面からその結束を支えた。日本化薬などの取締役を歴任し、1952年第四次吉田茂内閣蔵相となる。しかし貯蓄国債発行反対の立場をいれられず留任を断り下野する。その後、中国との貿易推進や三井財閥再建に尽力した。[小田部雄次]
『向井忠晴著、向井忠晴追想録編纂委員会編・刊『追想録向井忠晴』(1986)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

向井忠晴の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android