コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻山 あづまやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾妻山(福島・山形県境)
あづまやま

福島・山形県境にある火山群の総称。玄武岩、安山岩からなる。「あづまさん」ともいう。中~西部にある諸峰には噴火記録はまったくなく、最高峰の西吾妻山(2035メートル)をはじめ、西大巓(にしだいてん)(1982メートル)、東大巓(1928メートル)、中吾妻山(1931メートル)などのほぼ標高1500メートル以高は、アオモリトドマツなどの亜寒帯林が広がっている。東部にある一切経山(いっさいきょうやま)(1949メートル。成層火山)、吾妻小富士(こふじ)(1705メートル。典型的な円錐(えんすい)火山)、東吾妻山(1975メートル。楯状(たてじょう)火山)などの活動期は新しく、一切経山から吾妻小富士には裸地が広がり、火口湖の五色(ごしき)沼、桶(おけ)沼もある。一切経山の南から東斜面には「八幡(はちまん)焼け」と称される噴気・地熱地域が広く分布し、とくに東山腹の大穴火口がもっとも活発で、1950年(昭和25)、1977年の小爆発もここで発生した。1893年(明治26)の大爆発は南山腹の燕沢(つばくろざわ)でおき、三浦、西山両調査員が殉職した。有史以後の諸噴火はすべて水蒸気爆発らしい。磐梯朝日(ばんだいあさひ)国立公園に属し、1961年吾妻スカイライン開通後、訪客が急増したが、その中心地の浄土平は一切経山や吾妻小富士の観望に好適。周辺には土湯、微温湯(ぬるゆ)、吾妻高湯、五色、白布(しらぶ)など温泉が多く、冬もスキー客でにぎわう。福島地方気象台が常時火山観測中である。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吾妻山の関連キーワード吾妻小富士福島(市)一切経山

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吾妻山の関連情報