コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観望(読み)カンボウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぼう〔クワンバウ〕【観望】

[名](スル)
景色などを遠く広く見渡すこと。
「そのあたりの光景を―すると」〈荷風つゆのあとさき
事の成り行きをうかがい見ること。「周囲の形勢を観望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぼう【観望】

( 名 ) スル
事態の流れ、形勢などをうかがいみること。 「天下の情勢を-する」
広く見渡すこと。ながめること。眺望。 「 -台」 「景色を-しつつ気を養ひて/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観望の関連情報