コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観望 カンボウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぼう〔クワンバウ〕【観望】

[名](スル)
景色などを遠く広く見渡すこと。
「そのあたりの光景を―すると」〈荷風つゆのあとさき
事の成り行きをうかがい見ること。「周囲の形勢を観望する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぼう【観望】

( 名 ) スル
事態の流れ、形勢などをうかがいみること。 「天下の情勢を-する」
広く見渡すこと。ながめること。眺望。 「 -台」 「景色を-しつつ気を養ひて/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

観望の関連キーワード中央区立郷土天文館 タイムドーム明石吾妻山(福島・山形県境)鳥取県日野郡江府町宮市貝塚市立善兵衛ランド福井市自然史博物館明石市立天文科学館ルイス スウィフトユクエピラチャシ跡鳥取県立博物館小山市立博物館関ヶ原の戦いコル・カロリ不動産利用権不知火[町]アルビレオ洞爺[村]公開天文台天体望遠鏡メシエ天体北畠親房

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観望の関連情報