コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉汝綸 ごじょりんWu Ru-lun; Wu Ju-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉汝綸
ごじょりん
Wu Ru-lun; Wu Ju-lun

[生]道光20(1840)
[没]光緒29(1903)
中国,清末の学者。安徽省桐城県の人。字は摯甫。同治4 (1865) 年の進士。内閣中書に入り,曾国藩に認められてその幕僚となり,のち李鴻章にも信任された。文にすぐれ,曾,李両人の奏疏の多くは汝綸の手になったものと伝えられる。また深州,冀州の長官となった際には,文教の高揚に努め,斬新な治政を推進するなど型破りな行動がみられた。のち李鴻章のすすめで蓮池書院で講じ,光緒 28 (1902) 年には,管学大臣張百煕の推薦で京師大学堂総教習となり,視察のため来日した。帰国後郷里に小学堂を建て翌年没した。著書に『深州風土記』 (20巻) ,『東遊叢録』 (4巻) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

呉汝綸【ごじょりん】

中国,清末の学者。字は摯甫(しほ)。安徽省桐城の人。1865年の進士。内閣中書,のち曾国藩李鴻章の幕下。また北京大学堂総教習として教育制度の改革に活躍した。民国初期の教育界に影響。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごじょりん【呉汝綸 Wú Rǔ lún】

1840‐1903
中国,清末の学者。字は摯甫。清朝の文壇に勢力をもった桐城派で有名な安徽省桐城の人。同治4年(1865)の進士。〈文章は天地の至精〉とのべた彼は若くから文章家として名をはせ,当時の大官僚曾国藩,李鴻章のブレーンとして活躍,曾・李両人の上奏文の多くを書いたといわれる。1902年(光緒28),現在の北京大学の前身である京師大学堂の総教習となり,教育視察のため日本を訪れ,日本の三省堂から《東游叢録》(1902年10月)を出版,中国の学校制度確立に影響をあたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごじょりん【呉汝綸】

1840~1903) 中国、清末の学者・文人。桐城派の学者・文章家として著名。曽国藩そうこくはん・李鴻章りこうしようの幕僚を務めた。学校制度の確立にも貢献。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

呉汝綸の関連キーワードアヘン戦争シュティフターレールモントフアヘン戦争雪華図説ウィレム2世[オランダ王]イングウィルシュルツェダッドレー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone