コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉汝綸 ごじょりん Wu Ru-lun; Wu Ju-lun

4件 の用語解説(呉汝綸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉汝綸
ごじょりん
Wu Ru-lun; Wu Ju-lun

[生]道光20(1840)
[没]光緒29(1903)
中国,清末の学者。安徽省桐城県の人。字は摯甫。同治4 (1865) 年の進士。内閣中書に入り,曾国藩に認められてその幕僚となり,のち李鴻章にも信任された。文にすぐれ,曾,李両人の奏疏の多くは汝綸の手になったものと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉汝綸【ごじょりん】

中国,清末の学者。字は摯甫(しほ)。安徽省桐城の人。1865年の進士。内閣中書,のち曾国藩李鴻章の幕下。また北京大学堂総教習として教育制度の改革に活躍した。民国初期の教育界に影響。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごじょりん【呉汝綸 Wú Rǔ lún】

1840‐1903
中国,清末の学者。字は摯甫。清朝の文壇に勢力をもった桐城派で有名な安徽省桐城の人。同治4年(1865)の進士。〈文章は天地の至精〉とのべた彼は若くから文章家として名をはせ,当時の大官僚曾国藩,李鴻章のブレーンとして活躍,曾・李両人の上奏文の多くを書いたといわれる。1902年(光緒28),現在の北京大学の前身である京師大学堂の総教習となり,教育視察のため日本を訪れ,日本の三省堂から《東游叢録》(1902年10月)を出版,中国の学校制度確立に影響をあたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごじょりん【呉汝綸】

1840~1903) 中国、清末の学者・文人。桐城派の学者・文章家として著名。曽国藩そうこくはん・李鴻章りこうしようの幕僚を務めた。学校制度の確立にも貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉汝綸の関連キーワード海上花列伝疇人伝納蘭性徳馬建忠李東陽廖平学政清朝林紓清朝の満州語公文書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone