周旋業(読み)しゅうせんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「周旋業」の解説

周旋業
しゅうせんぎょう

不動産,動産,各種商品,労働力,サービスなどについて,売手または買手の依頼を受けて適当な相手を捜し,両者間の取引を斡旋して口銭を得る生業。土地・建物などの売買に関するもの,住宅・部屋などの賃貸借に関するもののほか,株・証券類の売買周旋業,家畜周旋業,旅行周旋業,演芸周旋業,印刷周旋業などがある。 (→桂庵 , 職業紹介 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「周旋業」の解説

しゅうせん‐ぎょう シウセンゲフ【周旋業】

〘名〙 周旋を業とすること。土地家屋の売買や、雇い人の口入れなどの仲立ちを業とすること。また、その人。
※丹下氏邸(1931)〈井伏鱒二〉「松山のバンゾウ人は(周旋業者の意)いちいち話してくれましたので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android